MENU

腎臓 サプリメント

腎臓病の予防には血圧や血糖、体重の管理が欠かせません。というのも、高血圧や高血糖は腎臓病の大きな原因であるからです。また肥満であると腎臓が処理する血液量が増えて負担がふえます。まずは食事や運動で血液サラサラにして、血圧管理をしていきましょう。

 

とはいっても、すでに血液検査の結果が思わしくないという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、リコピンやシトルリン、DHA&EPAやナットウキナーゼといった成分です。抗酸化作用、血流改善作用、血栓除去作用など、それぞれ作用は違いますが腎臓に良いモノばかり。

 

 

クレアギニンEXの特徴

シトルリンで腎臓をサポートしてくれるサプリメントです。血流を改善する作用があるシトルリンを配合しています。また和漢の多種調合の考えから29種もの成分を配合し、腎臓の力をサポートします。イチョウ葉やノコギリヤシなど血流改善によい成分が豊富に含まれています。個包装にすることで飲む直前まで空気に触れさせない工夫も。男性にも女性にも嬉しいサプリメントです。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 シトルリン・イチョウ葉・ノコギリヤシ

 

 

レバリズム-Lの特徴

肝臓の機能を高めてくれる成分がギュッと凝縮されています。解毒作用を助けて肝臓の負担を減らすしじみエキス、有害物質や中性脂肪の排出に嬉しい牡蠣エキス、肝臓に酸素を運ぶスクワレンを配合。また、肝機能をサポートするシスチンやビタミンも含まれています。肝機能の数値が気になる方、最近疲れが取れにくい、元気がでないといった方の強い味方となるサプリメントです。

価格 1,890円
評価 評価4
備考 しじみエキス・牡蠣エキス・スクワレン

 

 

きなりの特徴

DHA&EPAとナットウキナーゼが血液をサラサラにしてくれます。血液の流れをよくする、血管をしなやかにする、DHA&EPAがしっかり配合されています。いまある血栓を溶かすナットウキナーゼも。3つのチカラで血液の流れをよくして、腎臓の負担を軽減してくれます。DHA&EPAサプリにありがちな魚臭さを抑え、飲みやすいサプリメントに仕上がっています。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 DHA&EPA500mg・ナットウキナーゼ

 

腎臓の機能低下を防ぐには?

 

腎臓の機能が低下すると、最終的には腎不全となって、人工透析の必要が生じるようになります。体内の毒素をろ過して尿から排出させる大事な機能をもっている腎臓ですが、この腎臓の状態を示すひとつの指標がクレアチニン値です。

 

これらが高いと問題となるわけですが、生活習慣病とクレアチニン値には深い関係があることがわかっていて、生活習慣病やその予備軍の人はやはりクレアチニン値も高くなりがちなのだそうです。よく言われることではありますが、栄養バランスの取れた食事や運動の習慣をつける、そしてストレスをためないようにする、飲酒や喫煙の機会を減らしていくなどの対策が必要です。

 

クレアチニンの値を抑えるためには、サプリメントなどを活用するのも一つの方法です。有効なサプリメントを挙げるなら、ノコギリヤシ成分の含まれているものが良いでしょう。ノコリギリヤシは腎臓や泌尿器系の疾患に対して有効で、β-シトステロールをはじめとして有効な成分が多く含まれています。

 

また、腎不全に関わりがあると言われているものはクレアチニン値だけではなく、尿酸値も問題となります。痛風の原因として有名な尿酸ですが、これもまた腎不全のリスクを高める原因になっていますので要注意です。

 

尿酸値を下げるためには、尿酸を尿中に多く排出することが大切になりますから、そのためにはアルカリ性の食品を多く摂取することが有効です。ひじき・ワカメ・昆布などの海藻類や、さつまいも、しいたけといった食品を多く摂取しましょう。

 

生活習慣の改善・サプリメント・尿酸に注意という三つのポイントに注意しておけば、怖い腎不全を未然に防ぐことができるでしょう。

 

腎臓に良い食べ物

 

腎臓を守るためには、食べ物が基本になります。最近は食品メーカーもいろいろと健康に配慮して、何かしらの栄養面での利点がある商品が増えてきているのですが、実際には栄養はあっても腎臓には悪いという食品も多くあります。

 

腎臓に悪い食品というのは、「腎臓の機能を弱める」食品であるといっても良いでしょう。人間の三大栄養素は糖質、脂質、タンパク質ですが、このうち糖質と脂質は体内でエネルギーとなり、最終的に二酸化炭素や水分となって排出されるようになります。タンパク質は血や肉となり、エネルギーとして使われると、残った老廃物は腎臓で処理しなければなりません。

 

人間にとってタンパク質は重要な栄養素ですが、過剰摂取になると、腎臓には仕事が増えてしまうということになるのです。

 

タンパク質は非常に多くの食品に含まれています。それに、摂取しなくてはならない栄養素のひとつですし、少なくすると体に悪影響が出ることは避けられません。ですから、ここで考えるべきは「アミノ酸価の高いタンパク質」を摂取するということです。

 

また、腎臓に悪いものとしてリンがあります。リンが不足するとカルシウムがうまく蓄えられずに骨がもろくなってしまいますが、腎臓が弱ると尿からのリンの排出が難しくなり、血液中に溜まると動脈硬化の原因となります。そして、血液中にあるとカルシウムも血液中に出てしまうようになり、骨ではカルシウム不足も起こります。ですから、リンには十分注意する必要があります。

 

腎臓をはじめ内臓まわりに良いマッサージ

 

肩こりや腰痛などの解消に、整体でマッサージを受けるという人も多くなっているようです。そのため、あちらこちらにマッサージ屋さんができて、盛況なようです。

 

マッサージはただ筋肉をほぐすだけではなく、東洋医学の考えに基づいて、ツボを刺激して内臓に働きかけ、体の内側の自然治癒力を引き出す働きがあります。

 

そのため、難病の改善や病気の予後の後遺症の改善、スポーツのトレーニングなど非常に幅広く活用されるようになっています。

 

今、注目されているものに「内臓トレーニング」と呼ばれるものがあり、血液とリンパの流れを活発にして、自律神経のバランスを整えていくというものです。

 

血流を高めるということは、イコール腎臓の働きを良くするということと言ってもよく、腎臓は血圧のコントロールや水分量のコントロールに重要な働きをしていますから、内蔵トレーニングの中でも重要な位置を占めています。

 

腎臓に効くツボは足の裏に多くあります。足の裏の中心より少し先の部分を強く押して刺激してみましょう。血流を活発にするツボであり、腎臓の働きを高めるツボです。

 

ふくらはぎは血流を良くする上で特に重要となる部分で、ここが疲れていると血流が悪化しやすくなります。重力に逆らって血液を上に流すためには、このふくらはぎの筋肉がとても大切なのです。

 

腎臓の機能を高めたり、血行を良くしたり、様々な効果をマッサージには期待することができますから、内臓の不調がある場合もマッサージに行ってみるとよいでしょう。

 

腎臓に悪い食生活に注意

 

現代人の食生活は、どんどん欧米化が進んでいて、さらに加工食品の増加などによって、腎臓に大きな負担がかかっているそうです。日本人では慢性的な腎臓病を抱えている人が実は1000万人以上もいるといわれているのえすが、どういった食習慣に問題があるのでしょうか。

 

よく言われていることですが、塩分は控えめにすることが大切です。塩分は摂取していないつもりでも、しっかり摂取していることが多く、日本人は摂取目安量異常に摂取していることがほとんどなのだそうです。

 

塩辛いものを食べていないつもりでも、味付けのために含まれていることも少なくありませんから、濃い味のものは避けるようにしたり、全部食べきらずに残すなどした方が健康には良いでしょう。外食は特に多くの塩分が含まれているのが普通ですから気をつけてください。

 

間食にスナック菓子を食べている人は、これもまた多くの塩分を含んでいるから注意しておきましょう。食の欧米化と言われていますが、特に動物性の脂質やたんぱく質には注意が必要です。これらはエネルギーとして使われなければ、それだけ腎臓にとってろ過するべき老廃物となってめぐってきてしまいます。

 

また、お酒も、腎臓に大きな負担となります。おつまみも塩分が多いですし、動物性のたんぱく質を多く含んでいることが多いので、腎臓には悪い影響が多いです。また、体内の水分をアルコールが排出させてしまうために、腎臓で使いたい水分が少なくなってしまいがちです。女性の飲酒も増えていると言われている中、女性の腎臓病患者も増えてきているので注意してください。このように、現代の食生活では注意するべきポイントが多いので、大事な腎臓をしっかり守りましょう。

 

腎臓が健康に大切だとされる理由

 

腎臓は泌尿器系の臓器の1つで、尿を作っている器官として有名です。しかし、それだけではなく、多くの機能があり、生命の維持にとても重要な役割を果たしています。

 

腎臓の大事な機能として、体内の老廃物や毒素を体外に排出するろ過の役割があります。血液をろ過して、血液中の老廃物や塩分を尿と共に体外に排泄できるようにします。

 

必要なものは再吸収して、体内にしっかり留めるようにもしています。この機能が腎臓病などによって損なわれていくと、尿量の減少が起こり、老廃物、毒素などが体内に蓄積されてしまって尿毒症という危険な病気になることがあります。

 

また、腎臓は血圧の調整にも深く関わっています。塩分と水分の排泄量をコントロールする腎臓は、血圧を正常値に保つためにも重要です。

 

腎臓には血圧維持のためのホルモンも分泌していて、骨髄中の細胞が血液を作り出すように働きかけています。そのため、腎臓の機能が悪くなると、貧血になりやすくなります。

 

腎臓は体液や電解質のバランス調節もしており、これによってむくみを防ぎ、また疲れやめまいといった症状が出にくいようにしてくれています。

 

腎臓はその他にも、ビタミンDを作っていて、カルシウムの吸収に必要とされています。骨を強く保つにも、腎臓はとても大切なのです。

 

以上見てきたように、腎臓の働きは非常に多様でしかも重要です。食生活から大きく影響を受ける腎臓ですから、普段の食事から注意するようにしましょう。

更新履歴